譲渡条件確認事項

★以下は、今まで、ご予約いただいた方に、お渡ししていたものです。

事前に確認して頂いておいたほうがよいと思いましたので、こちらに掲載することにしました。

(譲渡時には、更に詳細の書いてあるモノに沿って、ご説明をさせて頂き、契約書を交わさせて頂きます。)

ご一読の上、ご予約希望、ご質問等ありましたら、「お問い合わせ」の頁より必要事項をご記入の上、お送りください。


このたびは、「いんすうぶん会」の子に興味を持っていただき、本当にありがとうございます。

まずは、以下を必ず読んで頂き、ご同意頂けた場合に、お話を進めさせていただきたいと思っております。



勿論、ご一読の上、諸事情により、ご辞退、キャンセルも構いませんので、ご安心ください。

キャンセル料金等も発生は致しません。

但し、ご辞退の旨のご連絡だけは、必ずお願いいたします。次に待っていらっしゃる方へのご連絡もありますので、

ご協力をお願いいたします。


「いんすうぶん会 譲渡条件確認書」


2006年6月以降、動物愛護の法律改正により、お譲りの際に、書面にての確認書が必要となっております。

また、2013年9月より、動物愛護及び管理に関する法律の一部改正により、飼い主様に対面販売が義務化されました。

そのために、当キャッテリ-にお迎えに来ていただくか、オーナー様のお宅、または途中までお伺いして(別途交通費が発生いたします)の直接のお渡しとなります。

空輸に関しては対応しておりませんので、ご了承ください。


お渡し前のご見学は、勿論可能です。ご都合が合えば、是非、事前見学をオススメ致します。

但し、別途仕事を持っておりますので、基本的に土日祝日で対応させて頂きます。他の方との兼ね合い等もございますので、事前に日程のご予約をお願いいたします。



★「いんすうぶん会」について、そして望むこと★

 1、 いんすうぶん会の繁殖は、アビシニアンのみです。

アビを扱うブリ-ダ-として、その性格及び遺伝性疾患などは、オーナー様にきちんとご説明できるように、自分自身も勉強しながら知識をつけ、また獣医とも連携を持ちながら繁殖を行っています。

 2、 いんすうぶん会の猫は(MIXも含む)、ワクチン、血液検査(白血病、エイズ、コロナウィルス等)、検便、検尿、DNA検査(アメリカ、カリフォルニア大学に依頼、遺伝性疾患の排除を目的です。)を実施し健康管理に努めております。

 しかしながら、疾病は、猫に限らず(人間も)まだまだ未知の世界も多く、FIPや癌、アビに多いというアミロイド-シスやアレルギー症状など、研究段階であるものが多々あります。100%完全に病気にならないとは、残念ながらお約束できないのは事実です。

 3. ただ、その子にとって、ご縁があって愛情あふれるお家で、その長さに関係なく、幸せな「ニャン生」を送ってもらう事こそ、いんすうぶん会の一番の願いです。


★人間と猫との共同生活★

  1.猫との共同生活をしていくうえで、いろいろな出来事(喜怒哀楽)が多々あります。

  2.アビシニアンの場合は、特にヤンチャで遊び好きです。そして猫種の中では頭のよい猫といわれています。しかしながら、ソファー、カーテンや壁などの爪の研ぎやすいものがあったら爪を研ぎます。また、棚の上に壊れるものは飾れません。落とされる可能性が高いです。球根系お花等も飾れません。(口にしたら犬猫にとって有毒です)、。こういった生活環境の制限も出てきます。

  3.猫は、モノではありません。「いきもの」です。躾で、完全(100%)にいたずら等を防止できません。いつもと違う場所に突然粗相をすることもあり得ますし、便や尿を足に付けて、お部屋を汚すこともあるかもしれません。それでも、猫を人間の生活習慣の枠内に強要するのではなく、人間の方が猫に合わせて共存できる生活環境を作っていけるように、是非心がけてみてください。

  4.ネコファーストのお考えが無い方には、お譲りは出来ません。

  

★猫の生体保証、返品★

  1. 生後1年以内に猫が何らかの疾病に侵されていることが判明し、 それが「先天性の疾患である」場合、日付と獣医師の署名入り診断書を提出する事を条件とし、販売生体代金の50%を返金、または、ご希望であれば、同種の猫を無償でお譲りします。ただし、日数的にお待ちいただくこともあります。

  2. 前項1の、治療のための費用や、交通費、慰謝料などに関しては、対応の範囲外とさせていただきます。

  3.お引き渡し後のお客様都合(上記、特に、‘‘人間と猫との共同生活’‘項目)によるキャンセル、返品交換は、出来ません。その場合の代金の返金は致しません。


★猫の健康状態 ★

 1. 清潔で安全な環境にて、完全室内飼育をお願いします。 (絶対の強制ではありませんが、外出させることは、病気や怪我、交通事故にあう可能性は、本当に高いです!)

 2. 猫の年齢、健康状態、体調等に適した食餌を与えてください。

 3. 定期的にワクチンを接種する事で、少しでも病気の予防を心掛けてください。 (但し、健康状態が不良な時は、絶対に接種しないでください。ワクチンによる、死亡例もございます。)

 4. 猫の状態がいつもと違うと感じた時は、掛かりつけの獣医師に相談し、必ず診てもらってください。

 5.病気や医療費を理由としての「猫を返したい」との対応は、出来かねます。生き物ですので、病院に掛かる機会があるのはご理解のうえで迎え入れてください。(もちろん、病院のお世話にならないですむ事が一番ですが・・・)


★その他★

 1.万が一、やむを得ない事情、一身上の都合にて、猫を手放さなくてはならなくなった場合、事前にご連絡をお願いします。ご一緒に、新しい飼い主様を探すお手伝いをさせて頂くことも可能です。


 

以上です。


お引き渡しまで、またその後も、いつでもご相談等は承ります。

その他、ご不明な点がありましたら、どのようなことでも構いません。

お気軽にご連絡ください。


キャッテリー「いんすうぶん会」

Cattery INSUUBUNKAI

阿部 祥子